子供の命名は画数だけ良ければいいのですか?その名前に使用しているその漢字、かなり不吉ですよ”!

名前、不吉、由来、漢字、命名

子供の名前、生まれてくる赤ちゃんの名前は、漢字を使用して命名するのが日本人としては一般的ですよね。(女の子の場合はひらがなの名前も多いとは思いますが・・・実際、僕の娘の名前はひらがなです)

で、基本的に名前は一生もんですから、当然、愛するわが子にはすばらしい名前をつけてあげたいと思うのが親心だと思います。例えば、女の子なら美しくて優しい子になりますようにとか、男の子なら健康でたくましくとか。

みなさんそれぞれ生まれてくるお子様の名前に託す願いは具体的には異なるとは思いますが、子供の幸せを願うという意味では親はみな一緒だと思います。ちなみに、昨今はキラキラネームとか、DQNネームとか子供の将来にとって、不利な名前をつけてしまう親御さんも多いみたいですが・・・リンク⇒ 実在のキラキラネーム(DQNネーム)の一覧とランキングを考察。激しく後悔する親たちがキラキラネームをつけてしまったのはなぜか。そして子供たちがこうむるデメリットとは。 

子供の幸せを願う気持ちは、親としてみな同じだと思いますが、名前のつけかた、決め方のアプローチはいろいろあると思います。ご自分が好きな芸能人やスポーツ選手にあやかって名前をいただく場合もあるでしょうし、最近では、最初に漢字ありきではなく、好きな音やリズムが先にあり、音に漢字を当てる、なんてのも多いみたいです。最近はかなり少ないアプローチかもしれませんが、おじいちゃん・おばあちゃんが命名するというのも時々は耳にします。

さて、このように愛するわが子の名づけのアプローチは様々だと思いますが、ほとんどのお父さんお母さんはご自分たちであれこれ悩みながら名前をつける方々が大半なのではないでしょうか。

こういうふうに育ってほしいというご自分たちの夢や希望をもとに使いたい漢字をさがし、意味を調べ、画数を調べ、パートナーと相談し決めていくのが一般的かもしれないですね。

ちなみにうちは、長男は僕が尊敬する写真家の名前をいただき命名しました。長女は妻がありきたりで平仮名の名前をシンプルにつけました。(女の子だから仰々しい大層な名前じゃないほうがいいんじゃないかということで・・・)次男は、手抜きで(笑)、僕と長男の名前の漢字一文字ずつを組み合わせてつけました。

こんな適当な形で、深いことも考えずに3人の子の名前をつけた僕が言うのもなんなんですが、子供の名前は、両親が気に入り、画数が完璧だからといって安心できないようですよ。調べてみると、何も考えないで、つけた僕の息子2人の名前には由来が不吉な漢字が入っていました。ついでに僕の2文字しかない漢字中2文字と妻の名前の一文字も不吉でした。(逆に娘は平仮名だったのでそういうものがなかったのですが・・・)

不吉な漢字を調べてたら、軽く絶望しましたね(笑)ただ、名前の中の漢字の由来が不吉だからといって、こんなことで改名はできないだろうし、改名の合理的理由には絶対ならないでしょうね。

ということで前置きが長くなりましたが、僕みたいに軽く絶望しないためにも、由来が不吉な漢字をみなさんにお教えしますね。迷信かもしれませんが、子供の名前、生まれてくる赤ちゃんの名前に絶対、一文字たりとも不吉な漢字は使わないと決心したあなた!!由来が不吉な漢字は以下です。参考のため、由来が不吉な漢字を名前にもつ有名人もあげています。


スポンサーリンク
 

子供の名前として不吉な暗示が強い、使ってはいけない漢字

【亜】貴族の墓を象徴し、家庭運や健康運に恵まれない。
加護亜依、東原亜希、八代亜紀、城戸真亜子、水森亜土、宮本亜門、小林亜星、鈴木亜久里、鈴木亜美

【久】元々“死体を後ろから木で支えている”形からできた象形文字、幸せが長続きしない。
萬田久子、秋吉久美子、麻生久美子、麻木久仁子、夏目三久、西山喜久恵、山下智久、増田貴久、東幹久、小倉久寛、岩隈久志

【次】愛する人と離ればなれになる暗示。嫉妬心が不幸を呼ぶ。人生に濁りが出やすく精神的苦痛を背負う。
加藤浩次、高田純次、宮本浩次

【信】来世での幸福を願う法名に使われる文字
浅野忠信、村上信五、桑野信義、岡本信人、織田信成、宮本信子、

【真】生き倒れた死者を表わし、首から上のトラブルに注意
浅田真央、生田斗真、水野真紀、小西真奈美、香川真司、小沢真珠、堤真一、堀北真希、岡本真夜、坂井真紀、星野真里、近藤真彦、後藤真希、大地真央

【央】人間の首に首かせを加え、正面から見た形が語源。その字には苦悩や無念の思いがこめられている。やはりその字を持つ人の人生も苦悩につつまれやすい。
小林麻央、浅田真央、井上真央

※小林真央は姉にTBSアナウンサー・小林麻耶がいますが、この「耶」という字は古来アニミズムの流れを汲む邪悪を表す文字。モーニング娘を脱退後は芸能界を彷徨し、いつのまにか引退した市井紗耶香など、人生全体に悪影響が出やすい漢字といわれています。トントン拍子に芸能界の出世街道を昇っているうちはいいですが、小さな欠点が致命傷となって速いスピードで転がり落ちるという特徴があるそう。小林姉妹の場合は姉妹で「麻」という同じ字を分け合っているため、どちらかに不幸が集中する可能性もあるので注意が必要です。現在、小林麻央はがんの闘病中でまさに暗示が的中しているかのような状況ですね。

子供の名前としては不向きな、不安定な運気に苦しむ、要注意の漢字

【一】吉と出るか凶と出るか、運勢は良くも悪くも極端になる
堂本光一、岩城滉一、沢村一樹、千葉真一、中井貴一、船越英一郎、岸部一徳、北村一輝、坂本龍一、石田純一、萩本欽一、鳥羽一郎、小泉純一郎

【勝】男性は前半が運気上昇、後半は勢いが続かず失速。女性には凶文字。「勝」の字はもともと皇帝が自称する「朕」の字が語源。その下に「力」の字があるので、一般人に使うのは“名前負け”の暗示。

花田勝、鬼塚勝也

【津】血がしたたるさまを表わし、事件、事故、ケガに要注意
安藤和津、大家志津香(AKB48)、三田英津子(女子プロレスラー)

【作】創造する力は大きいものの、たくらむとニセモノになりかねない
松田優作、吉田栄作、嶋田久作、佐藤栄作、

【春】活気にあふれ、上昇運は強いが、色情に溺れやすいのが難
村上春樹、松山千春、近藤 春菜、新山千春、桂春団治、佐野 元春、清春

【涼】多方面の才能に恵まれるも、多くの障害が立ちはだかる
篠原涼子、米倉涼子

【遼】あせって結論を求めると、それまでの実績を失う
石川遼、司馬遼太郎

【研】切磋琢磨して学問や技芸に秀で、本来は吉暗示の強い良い文字だが、自分や相手を削る暗示も強く、対人関係面でのトラブルに注意。
沢田研二

【仙】人間離れした偉業の暗示もあるが、肉親との縁には恵まれない
星野仙一

子供の名前として人気の漢字だが、気になる霊力をもつ漢字

【愛】立ち去ろうとする人の姿を表わし、家族や異性との縁が薄くなる。「愛」の字は上の部首が“人間が胸を詰まらせ、苦しくのけぞっている形”を表す。下の部首は足を表し、「心に足枷をつけ、なかなか前に進めない。
福原愛、大塚愛、芦田愛菜、冨永愛、上村愛子、片岡愛之助、橋本愛、飯島愛、平愛梨、愛子内親王

【大】外で伸び伸びと活動すると吉、引きこもると凶
松坂大輔、永井大、宮川大輔、千葉雄大、北野大、渡辺大、高橋大輔、三浦大輔、元木大介

【太】才能が身を助け、大きく伸びるが、事故や病気には要注意
国分太一、松田翔太、小泉孝太郎、佐藤隆太、山田太一、杉本哲太、瑛太、杉村太蔵、杉浦太陽、古田新太

【優】喪に服した心が沈んだ人を表わし、優美さを備える反面、悲しみの暗示も
蒼井優、木下優樹菜、大島優子、優香、早見優、松田優作、濱口優、山田優、城田優

【陽】浮き沈みの激しい波乱の人生。家庭運に恵まれない人が多い
井上陽水、南野陽子、杉浦太陽、内野聖陽、陽 岱鋼、野際陽子、夏木陽介、渡辺陽一、小島陽菜、

【連】仲間と足並みをそろえた行動が吉。単独プレイに走るとトラブルに
三國連太郎

子供の名前として縁起がよさそうで、じつは凶作用のある漢字

【秀】人より抜きんでる可能性大。しかし、健康と人間関係に落とし穴が
松井秀樹、明智光秀、伊良部秀輝、大滝秀治、石川秀美、西城秀樹、滝沢秀明、東儀秀樹、豊臣秀吉、西嶋秀俊、野田秀樹、湯川秀樹、吉岡秀隆、吉田秀彦

【光】「切る」「燃え尽きる」の暗示あり。家庭・愛情運が弱く、健康にも難あり語源は“人間の背中で油が燃えている様子=拷問の姿”を表した、凶意が非常に強い象形文字。進んだ道で一躍脚光を浴びるも、精神的な苦悩から逃れることができず安寧な時代を持ちにくい。
森光子、草笛光子、太田光、堂本光一、伊集院光、及川光博、内村光良、三沢光晴、宇多田ヒカル(本名:光)

【幸】刑具の“手かせ”を表し、対人関係に問題が生じやすい。この字は、“首の萎え曲がった形を表し、早世の意味を表す「夭」と、人間を逆さ吊りにした形を表す“逆”からできた構成文字”。
小林幸子、松本幸四郎、大島美幸、秋山幸二、井森美幸、桜井幸子、坂崎幸之助、十朱幸代、橋幸夫

“幸”の字。親はみな、生まれてくる子供に幸せになって欲しいと願ってこの字に子供の未来を託すのでしょう。ただ、これほどまでにイメージと違う不吉な字があるでしょうか。この字を名前に持つ人は、親の思いとはうらはらに不運に見舞われているケースが多いようです。松山事件で死刑判決を受け、その後、冤罪が確定した斉藤幸夫さん、金銭トラブルや実母の壮絶介護など、スターの栄光と引き換えに精神面で安らぐことがない橋幸夫、アイドル路線卒業後はパチンコに活路を見出すも、異性とは本質的に縁遠いタレントの杉浦幸、そして東京オリンピックで銅メダルに輝きながら、体力の限界を理由に自ら命を絶った悲劇のマラソンランナー・円谷幸吉など、やはり人生を大きく歪めてしまう暗示をもたらしてしまうようです。

【祥】占いに使われた羊を象徴し、吉凶の入れかわりが激しい表面的にはめでたい文字だが、もともと、いけにえ(羊)の要素をもっているだけに吉凶の入れ替わりが激しい。
食や美、健康や運動に関連する分野に吉作用をもたらす。
衣笠祥雄、はいだしょうこ(本名:祥子)、安田祥子、斉藤祥太

【清】「清い」の吉作用と、「冷たい」の凶作用が交互にはたらく
忌野清志郎、水前寺清子、中畑清、前川清、山下清、錦織一清、渥美清

【展】発展・成長を遂げていく要素とともに、事件・事故の暗示も
村越吉展ちゃん(戦後最大の誘拐事件で殺された)

子供の名前としては不向きか、意味からかけ離れた、意外な霊力をもつ漢字

【法】獣を閉じこめた様子を表わし、自由を求めすぎると凶作用がはたらく
酒井法子

【義】美を追究する分野で成功するが、病気や事故などの障害暗示も
大鶴義丹、藤本義一

【晋】めざましく成長するも、不慮の災いで一気に転落
香田 晋、渡辺晋、山本晋也

【勤】補佐的な立場で、息の長い仕事が吉。事故・金銭トラブルに遭いやすい
関根勤

【万】豊かな才能に恵まれ、計画性をもつと運気上昇。いさかいや病気の暗示も
高田万由子

【九】「才が集まる」の吉暗示と「すべてが尽きる」の凶暗示をあわせもつ
坂本九、宮藤官九郎

【数】人を責め続ける暗示があり、計算高くなりやすい
細木数子

【民】多くの人から指示を受けるも、支配され、障害に見舞われる暗示も
奥田民生、景山民夫

【充】力がみなぎる肥満体を表わすが、金銭欲と食欲の過剰に注意
あだち充


スポンサーリンク
 

その他、子供の名前に使うと不吉な漢字 その1

「正、節、和、恵、雅、介、耶、司、煕」

これらの漢字は語源を辿ると、人生の節目節目で凶作用を及ぼす意味が隠されているそうです。

特に「和」「雅」の字は難病や精神的な病にとりつかれやすい暗示。Mr.Childrenの桜井和寿は、32歳の若さで小脳梗塞を患いました。女優の夏目雅子は、27歳で白血病で死去。俳優の沖雅也は飛び降り自殺。漫才師のトミーズ雅は愛娘を病で失っています。あと皇太子妃・雅子様も精神的な病の報道がたびたびマスコミをにぎわしてますね。こうやって有名人の具体的な人生を調べてみると、鳥肌が立ってきます。やはり、愛するわが子に名前を付けるときは必ず、その字にこめられた本当の意味をよく理解したほうがあとあと後悔しないですみそうですね。ちなみに、名頭3画、金偏の字、花の字を含む名前(小百合、菊江など)、仏教の戒名で使う字(善、志、士など)なども人名には不適当とのこと。

「介」は“体の前後に鎧をつけた形”が基になっているそうです。そこには戦につぐ戦で消えていった多くの尊い命の悲鳴や怨念がこめられているとか。ザ・ドリフターズのリーダーとして活躍しながら、私生活では妻が自殺するなど波乱があったいかりや長介、大物総会屋としてその名を轟かせながら、最後は自殺で人生の幕を下ろした河合大介、島田紳助とのコンビ解消後は鳴かず飛ばず・自己破産した松本竜介など、この字を持った男性も真の幸せとは縁遠い人生を送りやすいといわれています。

その他、子供の名前に使うと不吉な漢字 その2

「隆、慶、寿、剛、照、典、展、豊」

いずれも、不吉な相を持った凶相文字といわれています。有名人を例に挙げると、愛人問題でテレビから消えた小島一慶、クスリで逮捕されたBUCK-TICKのギタリスト今井寿、婦女強姦で政治家生命を絶たれた元東京都議の福島寿一、やはり逮捕歴がある長渕剛、ロス疑惑の三浦和義、母親が首吊り自殺を遂げた作家の藤本義一、痴漢事件の容疑で社会的に抹殺された植草一秀、彷徨の果てに26年の人生を終えた尾崎豊・・・などなど、不幸に見舞われた著名人は枚挙に遑がありません。あなたがお子さんの命名で候補として挙げていた名にこれらの字はないですか?

他にも“登”は、周囲を踏みつけにし、自分は注目を浴びたいという権力志向の強い凶相漢字だそう。対人関係で苦しむケースが多く、“人生これから”という時に挫折が多い暗示があるとのこと。師匠・田中角栄を葬り自らも総理大臣に上り詰めるも、戦後最低の内閣支持率で国民から見放された竹下登(DAIGOのおじいさん)、昭和40年代に鋭いセンスで一世を風靡しながら、自宅で首吊り自殺を遂げたCMディレクター・杉山登志や、56歳の若さで脳溢血で急死した声楽家の立川清登などが有名人として挙げられます。

そして“正”の字。世間的には“正しい”という字はプラスのイメージだと思いますが、“正”の字は「止」という字の上に「一」を乗せているのが元々の成り立ちで、“頭を押さえつけられ、人生の喜びが伸びにくい”という凶意があるのだとか。かつて学園ドラマなどに多数出演しながら、最近は活躍の場に恵まれない俳優の森川正太、後輩に次々と先を越され、中々評価が高まらない芸人の山崎邦正など、正の字を持った有名人も、やはりその世界の主流にはなりえない運命を背負っているようです。

その他、子供の名前に使うと不吉な漢字 その3

「重・我・邦・繁・虎・冬・桜・直・八」

「重」の字を持つ人は、恋愛面で波乱の相がある。文字通り、人生が重々しくなってしまう傾向にあるそうです。母の大名跡を継ぐも、私生活では離婚や自殺未遂など安らぐことがない女優の二代目水谷八重子。

「我」も恋愛や人生そのものに波乱あり。破産した新興宗教「法の華三法行」の広告塔と噂され、最近は俳優業よりラーメン店経営に軸足を置く河合我聞。大物俳優として無二の存在感を漂わせながら、熟年離婚など晩年にトラブルに見舞われた竹脇無我。

「邦」も進んだ道で一躍脚光を浴びるも、油断すると主流から外れ寂しい晩年を送る暗示がある漢字だそう。80年代お笑いの女王として好感度ランキングの首位に立ちながら、人気急落で最近はテレビで見るのさえ珍しくなった山田邦子。日本の名家・鳩山家のホープとして期待されながら、都知事選落選後は精彩を欠いたまま亡くなった政治家・鳩山邦夫。

「繁」は地位・財産を失う暗示。プロ野球選手として一時代を築きながら、自己破産の憂き目を見た元阪神の小林繁。

また「虎」は動物なので、人名にはタブーの漢字だといわれています。やはり人生に波乱が出るよう。一家三億円保険金殺人で逮捕され、刑務所で寂しい死を迎えた荒木虎美。颯爽と芸能界に登場しながら、突然画面から消えたタレントの荒木定虎。『足摺岬』などの名作を残しながら、病に苦しみ自ら命を絶った作家の田宮虎彦。

加えて、「冬」「桜」など、季節を表す字もタブーといわれています。季節の移ろいと共に、心も移ろいやすくなるそうです。女優の秋野暢子との間にようやく子供を授かりながら、離婚したTBSプロデューサーの田代冬彦。病魔に取り憑かれ歌手活動を休止に追い込まれた演歌の坂本冬美。華々しい作家デビューや「カロリーメイト」のCMで話題となりながら、後が続かなかった椎名桜子。

そして、「直」は精神的な逆境や孤独に陥る暗示。TUBEの前田亘輝と離婚後も、恋愛面での彷徨が伝えられる女優の飯島直子。“作家・安部譲二”として脚光を浴びるまで、壮絶な渡世生活を送った安部直也。

「八」もやはり孤独・破滅の暗示がある漢字。横山やすしの長男として華々しく俳優デビューをしながら、暴行事件で検挙された木村一八。自動車で死亡事故を起こし、芸能活動もままならなかった俳優の根津甚八。「上を向いて歩こう」などのヒット曲に恵まれながら、薬物中毒と壮絶な闘いを続けた作曲家の中村八大。「B&B」で漫才ブームの頂点に立ちながら、解散後は鳴かず飛ばずで家族とも離散した経験を持つ島田洋八・・・・こうやって由来が不吉な漢字を名前に持つ有名人とその人生を見ていくと恐ろしくなりますね。

その他、子供の名前に使うと不吉な漢字 その4

「宗・恵・淳・徳・忍・政」

これらの文字は、なかなか人生に安寧をもたらすことが少ない不吉な漢字だそうです。

『宗』は絶好調の時は肩で風を切るほどの隆盛を誇るも、一旦転げ落ちるとなかなか表舞台での復帰がままならない暗示あり。かつては“角栄の再来か”とも噂され、将来の総理候補とまで言われるも収賄で逮捕された鈴木宗男議員。

『恵』は一般的に“恵まれる”というプラスイメージが浸透していますが、実際は非常に苦労が多い凶相文字。サイバーエージェントの藤田晋社長と離婚後、女優業も行き詰まりを見せている奥菜恵、母親が怨恨で惨殺され、TRFのSAMとも離婚を経験した歌手の安室奈美恵、昭和59年の『NHK紅白歌合戦』で都はるみ引退の名シーンで「ミソラ・・・」と言い間違いアナウンサー生命を絶たれた生方恵一。

『淳』は恋愛・結婚関係に大波乱の暗示がある。数々の女性タレントと浮名を流しながら、それが芸の肥やしになっているとは言い難いロンドンブーツ1号2号の田村淳、女優・川島なお美との同伴旅行が話題となった、『失楽園』の作家・渡辺淳一。統一教会主催の合同結婚式に参加し、芸能生命を絶たれた桜田淳子。女優・遠山景織子と離婚した、元光GENJIの山本淳一。

『徳』は男性の字に多く、働き盛りの時に思いもよらぬ挫折で人生が暗転してしまう暗示。“ものまね四天王”後のフジのものまね王座決定戦の中核を担うも、地方巡業の際の強姦未遂が報道されたタレントの布施辰徳。前・読売ジャイアンツの監督・原辰徳も退任前は女性スキャンダルが話題になっていましたね。

『忍』も恋愛や家族のトラブルに巻き込まれやすい。結婚後も派手な女性問題が報じられた俳優の坂上忍。坂上忍は実父の億単位の借金を返済したと言われています。妻のタレント・栗原アヤ子が肺にキノコが生える難病に冒された、司会者の押阪忍。栗原の場合は名前にカタカナが入っていたことも重病に罹患した原因の一つだろう。人名では「シノブ」と必ず濁音になるので、この字もなるべく使用は避けたい。

『政』も人生に波乱が多く、精神的に弱いと人の道を外れてしまう暗示。横山やすし・西川きよしのマネージャーを務め、お笑いの黄金時代を築いた立役者でありながら会社を追放された、元吉本興業常務の木村政雄氏。「ラッツ&スター」のメンバーとして活躍後も軽妙なギャグでお茶の間の人気を得ながら、盗撮や薬物使用で社会から見放された田代まさし(本名・政)・・・・

その他、子供の名前に使うと不吉な漢字 その5

『節・綾・由・順』

これらの字は、なかなか人生航路が順風満帆とはいかない不吉な意味が込められた漢字。

「光」の字は現在でもポピュラーな人名用漢字として知られていますが、語源は“人間の背中で油が燃えている様子=拷問の姿”を表した、凶意が非常に強い象形文字。進んだ道で一躍脚光を浴びるも、精神的な苦悩から逃れることができず安寧な時代を持ちにくいといわれています。昭和の大女優・森光子や草笛光子は、本業での名声の代わりに妻の幸福、母親としての幸福を諦めざるを得なかったといえます。

「節」の字は何事も節目をつけなければ気がすまない頑固者になりがち。気の強さで人間関係に波乱が出る。小津安二郎作品で日本を代表する女優として名声を欲しいままにしながら、突然引退した“日本のグレタ・ガルボ”原節子。

「綾」の字は他人との縁が薄く、また友情に恵まれにくく孤独の暗示があるそうです。綾瀬はるか(本名:蓼丸綾)、平原綾香、加藤綾子etc.この方々は順風満帆な人生を歩んでいるような気がしますが、女性にこの字は過酷なので改名を勧められるほどの漢字だそうです。

「由」は熟した果物が木の幹から折れ、熟れて落ちてしまった状態を表す象形文字。はじめは幸せでも、歳を追うごとに突然の不幸に見舞われたり、女性の場合は夫や子どもに先立たれるといった暗示があるとのこと。おしどり夫婦として知られながら、夫・坂本九に日航機墜落事故で先立たれた女優の柏木由紀子。と考えると、AKB48の柏木由紀も今後どういう人生が待っているか心配ですね。歌手・湯原昌幸との結婚直後に姑が痴呆になり、壮絶な看護を経験したタレントの荒木由美子。この字も女性に非常に多いですが、なるべく避けたほうがよい漢字のようです。

「順」の字は、川が低い方向に向かって流れ、どんなことがあっても逆行しないことから。“道理に従う”という意味が込められた象形文字。しかし、この字を持った人はなぜか道理(自分の信念)に従いすぎ、かえって幸せを掴みにくい暗示があるそう。軽妙洒脱なキャラクターで人気を博すも、家庭生活には恵まれないタレントの井上順。『欽ちゃんのどこまでやるの!?』のお母さん役で人気を博すも、脳出血で女優生命を危ぶまれた真屋順子・・・

その他、子供の名前に使うと不吉な漢字 その6

『良・恭・元』

これらの字も、やはり人生航路が順風満帆とはいかない暗示がある不吉な字だそう。

「良」の字は名前の通り本人の人柄は悪くないのだが、恋愛関係に波乱がある暗示。18歳年上の実業家と結婚しながら、破産であっけなく離婚した女優の坂口良子。その後、病気で亡くなった後は、娘の坂口杏里はAV女優に転身しましたね。「ウッチャンナンチャン」で大物芸人コンビ・お笑い御三家の一角を占めながら、数々の女子アナとの浮名で仕事にも悪影響が出ている内村光良。

「恭」の字もやはり恋愛・結婚に波乱の暗示。作家・タレントとして活躍しながら、初婚で医師とのスピード離婚を経験した高見恭子。

「元」の字は若くして注目を浴びるも、後が続かず苦労しやすい。文字通り“元に戻る”凶字。柳井正の後を継ぎファーストリテイリングの社長に就任するも、“ユニクロ”の業績不振でその座を若くして追われた玉塚元一。田中角栄を超える若さで初入閣を果たし“将来の首相候補”とまで言われるも、政界再編や畑恵との再婚問題に巻き込まれ精彩を失った作新学院理事長・船田元。仕事のキャンセルや宗家の家督問題などで世間の注目を集め、更には逮捕などトラブルが絶えない狂言師の和泉元彌。

その他、子供の名前に使うと不吉な漢字 その7

『憲・収・窈・星・亜』

いずれも、人名で使うことができるポピュラーな漢字ですよね。

「憲」は、上半分が「害」の字形と語源が同じ。古代中国では罪人に入れ墨をして犯罪者であることを公衆の面前に晒す風習があったそうですが、この字は入れ墨をする時に使う針の形からくる象形文字とのこと。よって、この字を持つ人の人生にも“罰”が降りかかりやすいそう。大相撲“若・貴兄弟のお母さん”として理想の良妻賢母と言われるも、故・二子山親方との泥沼離婚騒動で世間に醜態を晒した花田(現・藤田)憲子。「さそり座の女」で若くして大ブレイクを果たすも、何度も大麻吸引で逮捕され人生の地獄を味わった美川憲一。

「収」は、左のへんの部分が“縄をなうように巻きつける”の意で、小さな木を手に持って“罪人を探し出して逮捕する”という意味の形声文字。やはり犯罪や不遇に巻きこまれる暗示。趣味のギャンブルが原因で警察に検挙された経験を持つ、漫画家の蛭子能収。シングル『ESCAPE』がドラマの主題歌に起用され大ヒットするも、その後バンドは鳴かず飛ばずで解散の憂き目を見た元「MOON CHILD」の佐々木収。

「窈」は、中国河南地方の方言で“婦人の妖冶”のさまを指すとのこと。陶淵明の『帰去来の辞』では、この字を「奥深い山中を彷徨う姿」として記しています。やはり人生を異性問題で彷徨する暗示。『もらい泣き』『ハナミズキ』の大ヒットで確固たる支持を築くも、音楽プロデューサー小林武史との不倫騒動で元MY LITTLE LOVER・AKKOとの確執が伝えられた一青窈。

「星」は人名では事故・犯罪・病気の暗示。警察用語で犯人を“ホシ”と呼ぶのは無関係ではないそうです。俳優・石田純一の息子として順調にキャリアを積むもドラッグ使用で逮捕、さらに離婚も重ね私生活に恵まれない、いしだ壱成(本名・星川一星)。

過度の肥満で一時は生死の境を彷徨い、『あっぱれさんま大先生』の主題歌となった『記念樹』で盟友・服部克久と泥沼の盗作裁判を行なった、小林亜星。この名前に連なるが、「亜」も語源は「悪」の字と同じ、やはり人生が何らかのトラブルに巻き込まれる模様。オーディション番組『ASAYAN』のコムロギャルソンで華々しいデビューを飾るも、事務所問題で長く表舞台から遠のいた鈴木亜美。名優・松方弘樹と離婚時は世間の同情を買うも、後に自らの不倫問題や子供のスキャンダルが明るみに出た女優・仁科亜季子・・・・

その他、子供の名前に使うと不吉な漢字 その7

『恒・麦・圭・敬』

これらも、本質的な幸福に恵まれることが少ない暗示がある字だそう。

『恒』の字は“たゆみ無く緊張した心構え”を指す。自分の性格を変えられない、いわゆる“クセ者”が多いのだとか。他人に理解されず寂しい人生を送る暗示もあります。読売グループの総帥・“ナベツネ”渡邉恒雄。大原麗子との離婚を経験した俳優の渡瀬恒彦。

『麦』は上から下に下る、が原義。“埋まる、押しつぶされる”の暗示から、才能が外に発露せず苦しみやすい。子供向けヒーロードラマ『秘密戦隊ゴレンジャー』のキレンジャー役としてブレイクを果たすも、伸び悩みを苦に34歳の若さで首吊り自殺を遂げた、俳優の畠山麦。現在活躍中の女優門脇麦は今後どう展開していくでしょうね。

『圭』の字は三角に盛った“土”の字を二つ重ねた字で、“尖る”の意味。攻撃的な性格が裏目に出て人心が離れやすいようです。加藤浩次とのお笑いコンビ『極楽とんぼ』で人気を得るも、参加していた野球チーム『茨城ゴールデンゴールズ』遠征中に強姦騒動を起こし芸能界から抹殺された、タレントの山本圭一(圭壱)。モーニング娘。第二期メンバーに加入し、その歌唱力の高さで脚光を浴びるも、脱退後は精彩を失った歌手の保田圭。

『敬』の字は世間的にプラスイメージが強いとおもいますがが、実際には挫折、失敗の暗示が強いといわれています。政界を揺るがした『ダグラス・グラマン事件』の主役の一人で、最後は本社ビルから飛び降り自殺した日商岩井常務・島田三敬。『どんなときも。』『もう恋なんてしない』と大ヒットを重ねながら、覚醒剤取締法違反で逮捕された槇原敬之。テレビ朝日『アフタヌーンショー』の司会で人気を博すも、番組内のやらせリンチ事件が発覚し打ち切り以降、テレビから姿を消した川崎敬三・・・

最後に

ご自分の子供さん、生まれてくる赤ちゃんの名づけ・命名はひとそれぞれです。僕が今回調べた、由来が不吉な漢字ですが、けっこうな割合で人名に使われています。お子さんのために調べていたらご自分自身の名前がそもそも不吉だったという方、すでに生まれて生活しているお子さんの名前が不吉な漢字が入っていた、なんて方もたくさんいらっしゃると思います。

もちろん、凶作用の強い漢字を持っていても、成功している人は数多くいます。きっと、努力すれば不吉な漢字の暗示など吹き飛ばすこともできるでしょう。僕の家族と同じように、すでに由来が不吉な漢字を名前として背負っている方々はがんばっていきましょう。

しかし、“わざわざ”悪い漢字をこれから生まれてくるお子さんに背負わせようと思っている方はいないですよね。

迷信かもしれませんが、言霊の力をなめてはいけません。特にわれわれ日本人は・・・

ではでは・・・

 


スポンサーリンク
 

他の記事もよかったらどうぞ


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ