どうしてトリュフ探しはメス豚が使われるのでしょうか?

トリュフ

みなさんは、どうしてトリュフ探しにメス豚が使われるのか、ご存知ですか?
 


スポンサーリンク
 

世界三大珍味のひとつとされているトリュフ。

フランス特産のキノコで、フランス料理には欠かせない食材ですが・・・

正直、ほかの三大珍味であるフォアグラやキャビアに比べるとあまりにも地味で、ちっとも見栄えのしない食べ物と思うのは僕だけでしょうか。

ただ、トリュフが見つけづらいのは確かで、そういう意味ではかなり貴重なキノコであることはまちがいありません。

なにしろ、ブドウ畑や森の中のかしわの木の根元、地下30cmくらいのところに生えており、目で確認することができないのですから。

そういうわけで、フランスでは古くからトリュフ探しにメス豚を用いてきました。

豚は鼻をヒクヒクさせながら地面を這い回り、見事、地中にあるトリュフの場所を発見するのです。

その能力たるや、まさに「ここ掘れワンワン」状態だとか。

トリュフ狩り メス豚
 


スポンサーリンク
 

では、なぜこの技は豚、それもメス豚が得意とする芸当なのでしょうか。

その理由は、トリュフの香りが、発情期のオス豚が発するジャコウのようなニオイにそっくりだから。

トリュフにはオス豚が発情したときに出すニオイのもとと同じ物質が含まれているのです。

つまりメス豚は、オスを求めて、結果的にトリュフを探し当てているというわけで、せっかく恋しい相手を見つけたと思っても、出てくるのは地味なキノコだけ、というかわいそうな状態なのです。

そして、そのトリュフすら好物のピーナッツなどでごまかされているうちに、人間に横取りされてしまうのですから、なんとも気の毒な話ですね。

ちなみに、人間がトリュフを好きなのも、性的理由がかなりあるようです。

18世紀のフランスでは、ボンバドール夫人がルイ15世の愛情をかきたてようと、トリュフ料理を毎日のように所望したといいますし、ルイ15世に女を世話するのが日課であったカサノバも精力増強のために黒トリュフをせっせと食べていたといいます。

これもすべて、トリュフに多量に含まれているフェロモンのせいなのですね。

トリュフは、この性的フェロモンのおかげで世界三大珍味にのし上がったといっても過言ではないかもしれませんね。

ではでは。

雑学好きの方は、よろしければ以下の記事もどうぞ。
リンク⇒ ジャーマンウィングスの旅客機墜落事故。原因は副操縦士の道連れ自殺か?その可能性を解析する土台となったブラックボックスの詳細を教えます。

リンク⇒ シベリアのサハ共和国(ロシア連邦)にある世界一寒い村、オイミャコン

 


スポンサーリンク
 

他の記事もよかったらどうぞ


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ