彼氏がほしい、中学生・高校生のあなた!彼女がほしい、大学生・社会人の君!朗報!モテる(好まれる)異性は世界共通だった!!

「彼氏ほしい!」と嘆いている、そこの中学生・高校生のあなた!

「彼女ほしい!」とぼやいている、そこの大学生・社会人の君!

朗報!!

好まれる異性は世界共通だった!!!

なんかすごくないですか?

白人、黒人、黄色人種も先進国、発展途上国も、北半球でも南半球でも、まったく顔や文化もちがう人々を調査したところ、好まれる異性は世界共通であることがわかったんですよ。

ということは、世界中で好まれる、いわゆるモテる男性、女性の傾向は決まっているということですよね。

ならば、モテたいなら、そういう傾向の男性・女性になる努力をすれば道は開けるということなんです。
 


スポンサーリンク

 

アメリカの心理学者バスは、アジアやアメリカ、ヨーロッパ、アフリカなどの37にわたる文化で、1万人を超えるサンプルで調査を行いました。

すると、まずわかったこと、はっきりしたことは、男女間でパートナー選びの基準は異なるということ。

男女で基準が異なるのは、納得ですよね。

この結果は、それほど驚くに値しないものだと思います。

で、、それによると、男性は女性よりも外見的魅力を重視しやすいそうです。

驚くのは、男性が女性の外見的魅力を重視する傾向は37文化中34の文化で見られたこと。

要は、ほとんどの文化で、男性が女性を好きになる基準の重要なファクターとして外見的魅力があげられるってことですね。

また、男性は女性と比べ年齢の若い相手を好みやすい傾向もあったそう。

男性が女性の外見的魅力を重視すること、女性と比べ年齢の若い相手を好みやすいことの理由については後半で述べますので、しばしお待ちを。

一方、女性は、男性よりも相手の経済力を重視する傾向にあり、37文化中36の文化で共通していたそうです。

経済力を重視する傾向って、ほとんどすべての文化でですよねw

トホホな感情におちいった方も、よしがんばるぞって思った方もいるかもしれませんね。

あと、女性は、男性よりも、自分より年上の相手を好みやすい傾向があったとか。

この傾向の理由についても後で述べますね。

以上のようなパートナー選択における男女間の違いは、これまでいくつもの研究で類似した結果が得られているようです。
 


スポンサーリンク
 
 
では、どうして男性と女性で基準が異なるのでしょうか?

このことについてバスは、進化心理学的な考え方から説明を行っています。

進化心理学的には、人間は大昔の過酷な環境において子孫を繁栄させる(自分の遺伝子を残す)ために、よりよいパートナー選択を行ってきたと考えられています。

そのパートナー選択の基準は、人が数百万年にわたって獲得してきたもので、現代においてもそれほど変化することなく見受けられると言えるでしょう。

では、『よりよいパートナー選択』とは一体なんでしょうか?

妊娠と子育てという危険な役割を担う女性にとっては、自分と子どもにきちんと食料を供給してくれること、すなわち現代における経済力が重要なポイントとなります。

一方男性にとっては、自身の遺伝子を残すために妊娠し、うまく出産できる可能性の高い相手、すなわち若くて健康的であることが重要視されます。

この健康的という指標は外見的魅力と関連するため、とくに男性は見た目を重視しやすいのだといえそうです。

ちなみに、男性が好む傾向のある外見的魅力のひとつに、「胸が大きいこと」が挙げられますが、この理由はより妊娠する可能性が高い女性を選ぶため、とする研究結果もあるそうです。

ある研究グループが、女性ホルモンのレベルについて調べた結果では、胸が大きくウエストが細い女性の女性ホルモンはそうではない女性よりも高かったのだとか。

この結果は、胸が大きくウエストが細い女性の受胎可能性が高いことを示しているとされます。

男性が胸の大きな女性を好むのはこのような進化的な理由からなのかもしれないですね。

ただし、こうした進化心理学的な考え方はあくまで仮説です。

そのすべてが現代の事情に当てはまるとは必ずしもいえないということは心に留めておいてください。

それでも無意識のうちに本能で異性を判断することは、ままあると思いますので、シンプルな答えでしたがバカにはできないと思いますよ。

男性は、野心を持って成功をめざす努力、女性は外見的な魅力を向上させる、不健康なことはやめる努力をコツコツやってみてください。

「彼氏ほしい!」と嘆いている、そこの中学生・高校生(大学生も社会人もw)のあなたたち!

若いあなた方は、これからどんどんきれいになっていくのですよ。

あきらめたらダメですよ。努力して自分を磨いてください

かならず、周りの何かが変わっていきますよ。

「彼女ほしい!」とぼやいている、そこの大学生・社会人の君!

勝負しましょう!がんばって成功しましょう。

成功できないとしてもそのがんばりに女性は惹かれますよ。

ではでは、また。
 


スポンサーリンク
 

他の記事もよかったらどうぞ


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ