彼女がほしいあなたが、気になる女性をうまくデートに誘う方法を教えましょう。

気になった女性をデートにさそうけどれど、なかなかOKしてくれない・・・

そんな悩みはないですか?

若い男子の草食化がすすむ中、女性をデートに誘うだけでもあなたは立派だと思います。

あなたには、ガッツはあると思うので、あとは意中の彼女がデートの誘いをOKしてくれる確率をあげなければなりませんね。

では、どのように誘えば意中の彼女がデートの誘いをOKしてくれる可能性が高まるのでしょうか?


スポンサーリンク
 

小さなお願いから?それとも大きなお願いから?

気になる女性をデートに誘うテクニックとして、フット・イン・ザ・ドア法ドア・イン・ザ・フェイス法と呼ばれるものがあります。

フット・イン・ザ・ドア法は、はじめにわざと受け入れやすい”小さな”お願いをし、そのあとに本当の目的をお願いする方法です。

ドア・イン・ザ・フェイス法は、断られるのが当然のような”大きな”お願いをしてわざと相手に断らせたあとに、すかさず本当の目的であるお願いをするという方法です。

これらは、交渉やセールスなどの説得場面でも使用されているテクニックで、心理学的見地からもその有効性が実証されています。


スポンサーリンク
 

デートの誘いに使うには?

では、これらのテクニックをデートに誘うときに使うとどうなるでしょうか。

フット・イン・ザ・ドア法を使うなら、例えば、「授業を休んだのでノートをコピーさせてくれないか」とお願いして了解を得たあとに、そのお礼と言って意中の彼女をデートに誘ってみてください。

小さなお願いにより、彼女に「自分は他人のお願いを受け入れることのできる人間なのだ」と思わせ、本来のあなたの目的(デート)を段階を踏むことによって受け入れやすくさせるという効果があります。

ドア・イン・ザ・フェイス法を使うなら、「一緒に海外旅行に行こう」と誘い、相手が断ってきたあとにすかさず、「冗談、冗談。その前に食事にでも行こう」と言ってデートに誘ってみてください。

最初のお願いを断ったことで相手に罪悪感を抱かせ、次のお願いでは、今度は自分が譲歩する番だと思わせて承諾させるわけです。

また、最初に断ったことで自らのイメージが悪化したと思い、それを回復しようとあとのお願いを受け入れるとも考えられるでしょう。

あくまで、恋愛の場合は、ビジネスとは違った感情的な部分が多いので、これらのテクニックがいつもうまくいくとはいえません。

そのあたりは、自己判断・自己責任ということでw

あしからず。

最後に

彼女がほしいあなた!!

デートに意中の女性を誘う勇気があるならば、彼女ができるのはもう1歩。

今回の記事があなたの勇気に少しでも貢献できたら幸いです。

あなたに彼女ができるのを祈っていますね。

ではでは。


スポンサーリンク
 

他の記事もよかったらどうぞ


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ