なりたい職業がわからない高校生男子の君!調査の結果、約半分の高校生はなりたい職業がないということが判明しましたよ。とりあえず、高校生男子なりたい職業ランキングベスト10を参考にしてください。

なりたい職業がわからない高校生男子の君たちへ

 
複雑化し、どんどん変化していく社会。

大人でも、近い将来すら見通すことができないご時世です。

それこそ高校生男子の君たちの中には、将来なりたい職業がわからないというひとがたくさんいることでしょう。
 


スポンサーリンク

 
もしかしたら、将来なりたい、やりたい仕事が見つからなくて、焦ったり、悩んだりしているひともいるかもしれませんが、あまり気にしすぎないでください。

ベネッセ教育総合研究所が2009年に行なった第2回子ども生活実態基本調査(第3回はまだのようです)によると、高校生の50.6%はなりたい職業がない、との結果が出ました。

2004年の第1回子ども生活実態基本調査の際、なりたい職業のある高校生は調査対象の66.8%だったので、それに比べると15ポイント以上の減少です。

混迷する世の中に、景気低迷する世の中に、高校生たちも敏感に反応している現れだと僕は思います。

半分がいまだわからないわけですから、君は少数派ではないんですよ。

ゆっくりじっくり進路は考えましょう。

ということで、さっそく、高校生男子のなりたい職業ランキングを発表しますね。

夢や目標がとりあえず決まっている同世代の高校生男子の職業を参考に自分のことを考えてみるのもいいと思いますよ。
 

高校生男子のなりたい職業ランキング

 

 高校生のなりたい職業ランキング(出典:「第2回子ども生活実態基本調査」)

1位   学校の先生
2位   公務員(学校の先生・警察官などは除く)
3位  研究者・大学教員医師
4位   医師
5位   コンピュータープログラマー・システムエンジニア
6位   警察官
6位  薬剤師
8位 芸能人(歌手・声優・お笑いタレントなど)
9位  理学療法士・臨床技師・歯科衛生士
9位  技術者・エンジニアについて
9位  法律家(弁護士・裁判官・検察官)

注意:高校生・男子 6,319 名(13 校)による調査

 
 


スポンサーリンク
 

ところで、今回は、高校生のなりたい職業ランキングで1位となっている「学校の先生」について、仕事内容や先生のなり方を、幼稚園教諭、小学校教諭、中学校教諭、高等学校教諭、高等学校教諭、養護教諭とわけてそれぞれ説明したいと思います。
 

幼稚園教諭の仕事内容となり方

 
幼稚園は、子供たちが就学前(3歳から6歳)に通う教育機関です。

ここで子どもたちに接するのが幼稚園教諭で、文部科学省が定める幼稚園教育の内容に従い、子どもたちの心身の発達を援助します。

小学校のように国語や算数といった教科も教科書もなく、幼稚園教育の内容として健康、人間関係、環境、言葉、表現の5つの領域とそれぞれに目標とされるねらいが示されています。

各領域に示されたねらいは「幼稚園における生活の全体を通じ、幼児が様々な体験を積み重ねる中で相互に関連をもちながら次第に達成に向かうもの」とされています。

幼稚園では、遊びを中心とした生活の中で一人ひとりに応じた総合的な指導を行います。

ですから幼稚園教諭には、子どもたちの発達状況や個性を十分に理解し、個々に応じたきめの細かな指導をすることが求められます。

幼稚園には、2学年(4歳児・5歳児)または3学年(3歳児・4歳児・5歳児)があり、幼稚園教諭はいずれかの学年のクラスを受け持ち、教育・保育を進めていきます。
子どもが、家庭での生活から集団生活への第一歩を踏み出し、人格形成の土台をつくる時期に関わるわけですから、やりがいも大きい仕事といえるでしょう。

幼稚園教諭免許状には、短期大学・専門学校卒業時に取得できる2種、4年制大学卒業時に取得できる1種、大学院修士課程卒業時に取得できる専修免許状の3種類があります。

私立幼稚園では、免許状の種類に応じて給与に差がつく場合もあります。

ほかに通信制教育で免許を取得する道もあります。

最近、幼稚園と保育所の連携を促進するために、保育士として一定の経験を持つ者が幼稚園教諭の資格を取得する方法として、幼稚園教諭資格認定試験が実施されています。

受験資格は、認可保育園(児童福祉施設、へき地保育所、認定子ども園)において保育士として3年以上従事した者です。

認定資格合格者は幼稚園教諭2種免許状を取得できます。
 

小学校教諭の仕事内容となり方

 
小学校教諭は、小学校1年生から6年生までの児童に、教科指導や生活指導を行います。

音楽、図画工作、体育、家庭科、理科などでは専任教員を採用している学校もありますが、一般的には、クラスを担任して全教科を一人で教えています。

授業計画を立て、下調べ、教材づくり、テストの採点など、授業時間以外にも仕事は多岐にわたります。
遠足・運動会などの学校行事、PTA活動、家庭訪問などの仕事もあります。

同士の学習会、研究会への参加も、仕事を遂行するうえで大切なことです。

小学校教諭になるには、小学校教諭専修・1種・2種教員免許のいずれかを取得し、各都道府県や私立小学校が行う教員採用試験に合格する必要があります。
 

中学校教諭の仕事内容となり方

 
中学校教諭は、中学校1年生から3年生までの生徒に、国語、英語、数学などの特定の専門教科を教えます。

クラス担任も受け持ちます。

授業以外にも、教材の準備、テストの作成、採点、クラブ活動、学校行事、PTA活動などへの参加もあり、仕事は多岐にわたります。

中学生は、自立に向かう成長過程で、心身ともに発達する大切な時期であるとともに不安定な時期でもあります。

精神面、生活面での指導やアドバイスも大事になっています。

に信頼され、何でも相談してもらえるように努力する必要があります。

中学校教諭になるには、中学校教諭専修・1種・2種教員免許のいずれかを取得し、各都道府県が行う教員採用試験に合格しなければなりません。

私立中学校では独自に採用試験を行っています。
 

高等学校教諭の仕事内容となり方

 
高等学校教諭は、中学校に比べてより細かく分かれた専門的な内容を教えます。

教科は、国語、外国語、数学、理科、地理歴史、公民などの普通教科と、商業、工業、農業などの専門教科があります。

職業科では、工業実習、水産実習の指導などもあります。

授業のほかに、学級担任、ホームルーム、クラブ活動、生徒会活動、学校行事の指導を行います。

高等学校教諭にとって、進路指導は大事な仕事です。

一人ひとりの生徒の個性や適性、興味・関心を見据えて、目的意識を持たせることが大切です。

高等学校教諭になるには、高等学校教諭専修・1種免許のいずれかを取得し、各都道府県が行う教員採用候補者選考試験に合格しなければなりません。

私立中学校では独自に採用試験を行っています。
 

特別支援学校教諭の仕事内容となり方

 
特別支援学校教諭は、視覚、聴覚、知的、肢体不自由等の障がいのある幼児、児童、生徒の自立や社会参加に向けた取り組みを支援し、一人ひとりの障がいに合わせた教育を行います。

特別支援学校教諭になるには、幼稚園・小学校・中学校・高等学校のいずれかの教諭免許(専修・1種・2種)を取得したうえで、特別支援学校教諭養成の教育課程を設置している大学・短期大学で履修し単位を修め、各都道府県が行う特別支援学校教諭採用試験に合格しなければなりません。

または、各学校の教員として3年間、良好な成績で勤務し、かつ大学等において所定の単位を修得することで、特別支援学校教諭2種免許を取得できます。

また、社会福祉士の資格を取得していると役立ちます。
 

養護教諭の仕事内容となり方

 
養護教諭の仕事は、学校でのけがや病気の対応、健康診断などの保健管理、健康相談活動、保健室登校児への対応など広範です。

近年、心因性不登校児童・生徒も増え、養護教諭が教育相談に関わっている事例が多く、教室には入れず保健室に登校する「保健室登校児」も増えており、心のケア(相談)にも関与します。

生徒の喫煙や飲酒、最近では薬物中毒の広がりの中、薬物の危険性の教育や性教育など学級担任と相談・協力して生徒・児童を守るための活動にも率先している例が増えています。

校医・学校薬剤師・保健所・教育委員会等との連絡調整など、仕事内容はかなり広がっています。

養護教諭になるには、養護教諭免許(専修・1種・2種)を取得し、採用試験に合格する必要があります。
 

まとめ

 
なりたい職業がわからないと悩んだり、焦ったりしていた高校生男子の君!

半分以上の高校生はなりたい職業がまだないわけですから悩んだり、焦ったりする必要はないと思いますよ。

高校生男子のたい職業ランキングベスト10を見ていると、小中学生に比べてだいぶ現実的な仕事・職業を希望するひとが増えてきているようですが、ゆっくり、しっかり考えていけば全然大丈夫です。

とりあえず1位になった先生という職業の仕事内容なんかも参考にしてみてくださいね。

幼稚園教諭、小学校教諭、中学校教諭、高等学校教諭、高等学校教諭、養護教諭に興味がある高校生男子諸君は特にじっくり目を通して見てくださいね。

2位以下の職業についても後日記事をアップしていきたいと思うので、よろしかったら、またこのサイトをのぞきに来てください。

ではでは。
 


スポンサーリンク
 


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ