風邪薬、市販薬で最強、すなわちもっとも効く薬はどれだ!症状別に紹介します。

北極からの寒波が日本の北に居座り、寒い日が続いていますね。

みなさん、風邪などひいてないでしょうか。

というか、検索してこのページに来られた方は、ご自分か家族の誰かが風邪をひかれている方が多いかもしれませんね。

風邪(かぜ)は、正式には「風邪(かぜ)症候群」といって、上気道(鼻やのど)の急性炎症の総称です。

ウイルスが粘膜から感染して炎症を起こすため、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、のどの痛み、咳、たん、発熱といった症状が起こります。

あと、みなさん、これ知ってましたか?

風邪(かぜ)は、上気道(鼻やのど)が微生物に感染することによって起こるそうですが、原因微生物の80~90%がウイルスとのこと。

で、風邪(かぜ)ウイルスの数は200種類以上といわれており、どのウイルスが原因で起こったのかを特定することは困難だそう。

同じウイルスでもいくつもの型があり、それが年々変異するため、一度感染したウイルスに免疫ができたとしても、次々に新しいウイルスに感染して繰り返し風邪(かぜ)をひいてしまうのです。。

ということで、ウイルスをやっつけて完全に風邪をなおすことはむずかしいわけです。

ですから、風邪薬というのは症状を緩和したり抑えたりするものでしかないということになりますね。

熱が出たり、鼻水が出たりというのは体が自己治癒しようとするシステムなので、本来は熱なら熱は出るまま、鼻水も出るがまま、なんてことがいいわけです。

要は、体をあっためて、よく食べて、よく寝るのが一番ということですよね。

そういうわけで、お医者さんは、ご自分が風邪をひいたからといって薬は飲まない方がほとんどだといいます。

ただ、これで終わってしまうと身も蓋もありません。

お忙しくて病院に行く時間がない、もしくは大の病院嫌いのあなたのために、風邪によく効く市販薬をご紹介します。

一応、薬剤師さんによると、(さすがに薬はいらないとはいいませんよねw)市販薬で対処する場合は、風邪の症状に応じて薬を選ぶのがよいと言っています。

ですから、まずは、風邪の症状別で、効く市販の風邪薬をご紹介します。


スポンサーリンク
 

症状別最強風邪薬(のどの痛み)

のどの痛み、腫れに効く成分

イブプロフェン
塩化リゾチーム
トラネキサム酸
ポビドンヨード
塩化ベンザルコニウム など

 
まず、のどの痛みに効く最強風邪薬(飲み薬)はこれしかないでしょう。口コミでもすこぶる評判いいでし、とにかく効きます。お試しあれ!!

それはペラックT錠。

ベラックT錠

 

 

 

 

 

 

 

トラネキサム酸は、炎症やアレルギー症状が起こっているとき、体内で異常増加

している酵素(プラスミン)を抑え、口内やのどにおけるはれ、痛みなどの症状を改善する成分なんですが、ペラックT錠の1日分で750mgも摂取することができます。

加えて、炎症やアレルギーを抑える作用があるカンゾウ乾燥エキスも含まれています。

あと、薬のパッケージを見ても、大きく「のど」って書いてあるでしょう。

まさに、のどの痛みや炎症に特化した風邪薬です。

 

次に、うがい薬ですが、

浅田飴AZうがい薬

浅田飴AZうがい

 

 

 

 

 

 

 

これはアズレンという喉の炎症を抑える成分が入ってるのでかなりオススメ。

のどがすでに炎症をおこしているときは、効果てきめんです。

うがい薬に関しては、予防は殺菌作用のあるイソジンを使い、のどが腫れてしまったら抗炎症作用のあるアズレン使う、というように使い分けるのがいいでしょう。

 

最後は、漢方薬で、

ツムラ漢方桔梗湯エキス顆粒

桔梗湯

 

 

 

 

 

 

 

 

漢方薬は、自然の草や木からとった「生薬」の組み合わせでできています。桔梗湯の構成生薬は、“桔梗”と“甘草”の2種類。桔梗は痰や化膿をとり、甘草は炎症や痛みをやわらげます。これらがいっしょに働くことで、よりよい効果を発揮します。

喉にしか効かないのですが、本当に効きます。
 

症状別最強風邪薬(発熱や悪寒)

鎮痛解熱剤の成分

アスピリン
アセトアミノフェン
イブプロフェン など

 
まず、ご紹介したいのは、

ツムラ漢方 麻黄湯 エキス顆粒。

麻黄湯

 

 

 

 

 

 

寒気や熱があって体のふしぶしが痛む時には、漢方処方である「麻黄湯(まおうとう)」が効きます。

麻黄湯には発汗作用があり、体の熱や腫れ、あるいは痛みを発散して治します。病気の初期で、まだ体力が十分ある人に適します。

一般的には、カゼのひき始めでゾクゾク寒気がし、発熱やふしぶしの痛み、痛頭などをともなうときに用います。そのような症状をともなうインフルエンザにも適しているとのこと。。

ルルアタックFX

ルルアタックFX

 

 

 

 

 

 

これは、一応総合感冒薬なのですが、麻黄エキス、アセトアミノフェン、ケイヒ末をトリプル配合。発汗を促し、熱を体外へ発散することで解熱作用を示し、発熱やさむけなどに効果を発揮します。

先ほども書きましたが、麻黄エキスは、発汗作用があり、熱を下げます。

アセトアミノフェンは、熱を下げ、頭痛、関節の痛みをやわらげます。

ケイヒ末も、熱を下げ、痛みをやわらげます。

ルルアタックFXで人類は風邪に勝ったというひとすらいるほど効くそうですよw
 


スポンサーリンク
 

症状別最強風邪薬(せき)

咳を鎮める成分
リン酸ジヒドロコデイン
臭化水素デキストロメトルファン
クエン酸チペピジン
塩酸メチルエフェドリン
ベンゾナテート など

 
3つご紹介します。

エスエスブロン錠

エスエスブロン

 

 

 

 

 

 

 

 

せきとたんに有効。

主成分のジヒドロコデインリン酸塩が延髄にあるせきの中枢に作用してせきをしずめ、塩酸メチルエフェドリン塩酸塩が気管支筋の緊張をやわらげることによりせきをしずめ、たんの排出をうながします。さらに、抗ヒスタミン剤のクロルフェニラミンマレイン酸塩が、アレルギー性のせきに効果をあらわします。

 

アネトンせき止めZ錠

アネトンせき止めZ

 

 

 

 

 

 

 

セキセチン咳止め薬

セキセチン

 

 

 

 

 

 

 

だいたい3つとも効き目は同じです。

せきの中枢に作用してせきをしずめ、気管支筋の緊張をやわらげることによりせきをしずめ、たんの排出をうながす効能があるというのが王道。
 

症状別最強風邪薬(鼻水、鼻づまり)

抗ヒスタミン剤 炎症やアレルギー症状を抑える
マレイン酸クロルフェニラミン
ジフェンヒドラミン
フマル酸クレマスチン
マレイン酸カルビノキサミン など

その他の鼻に効く成分
ベラドンナ総アルカロイド
ヨウ化イソプロパミド
プソイドエフェドリン
オキシメタゾリン など

 
ベンザブロックSプラス

ベンザブロックS

 

 

 

 

 

 

鼻水・鼻づまりによく効くかぜ薬です。

 

新エスタックイブエース

新エスタックイブ

 

 

 

 

 

イブプロフェンが発熱や気道粘膜(のど・鼻)の炎症を抑え、ヨウ化イソプロパミドとマレイン酸クロルフェニラミンが不快な鼻水・鼻づまりを改善します。

 

小青竜湯エキス顆粒クラシエ

小青竜

 

 

 

 

 

 

鼻水や鼻づまりに効く漢方のお薬です。
一般的な鼻炎薬のような眠気がありません。
体力が中等度または、やや虚弱な方の鼻症状に効果を発揮する漢方薬で、水っぽい透明の鼻水や、うすい水様の痰を伴う咳が出る時に服用します(水分バランスを調整する働き)。

西洋医学的には、気管支拡張作用、抗アレルギー作用、抗炎症作用などが認められています。

具体的には、鼻カゼ、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎、気管支喘息、花粉症などに用います。とくに、カゼのひき始めなどでゾクゾク寒気がし、クシャミや水っぽい鼻水がたくさんでて困るときに適します。

以上、症状別最強風邪薬のご紹介でした。

もちろん、風邪の一番の特効薬は休むことだとは思います。

また、対処療法としての薬を使用する場合でもお医者さんが処方してくれる薬の方が効くとは思います。

それでも、なかなか忙しくて休んでいられないし、病院で何時間も待つのがいやだ、という方々もいるでしょう。

ぜひ、症状別最強風邪薬を試してみてください。

 


スポンサーリンク
 

他の記事もよかったらどうぞ


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ