激安ブランドやアパレルが隆盛のご時世に、なぜ学校指定の制服(学生服)はこんなに高いのか?

制服(学生服)ってなぜ高い?

 

制服(学生服)はなぜ高い

「制服(学生服)はなぜこんなに高いの?」

公立中学校へ入学直前の息子を持つ僕は、激安ブランドやアパレルが隆盛のご時世に、どうして学校指定の制服が4万も5万もするのか、ふと疑問を持ちました。

春は進学が決まり、新しい門出を迎えるシーズン。もちろんお子さんの進学は親御さんにとってよろこばしいことだとは思います。

ただ、うれしいことのみではなく、家計をやりくりしながらがんばっているお母さん方にとっては、新たな入学費や授業料といった出費のみならず、市場の2,3倍の価格に感じてしまう制服(体操服やシューズ含まれるかも・・・)は悩みのタネじゃないでしょうか。

そこで、『制服(学生服)の割高感に対する意見や感想』、『制服(学生服)が世間の感覚からいうと高い理由』、『制服(学生服)購入の出費をおさえる対策』を調べてみました。


スポンサーリンク

 

制服(学生服)の割高感に対する意見や感想

調べた結果、「4万円ほど出せば3年間も着られる制服は、衣服として考えれば合理的で安いと思う」という意見もありましたが、このような一般的な学生服の値段に対する肯定的な意見は少数派。圧倒的多数意見は、まとめると以下の2つに絞られました。

 

紳士服の青山やはるやまなどの量販店では、2万円も出せばスーツ1着を購入できるのに、制服の上下セットで約4万円は高すぎるのではないか。

 

学生服はメーカー直売ではなく、学校近くの指定販売店で購入するから高いのではないか。

 

この2つの意見に関しては、僕自身もまったく同じことを感じていたのでよく理解できます。バブル時代のスーツ1着10万、20万の感覚ならば学生服が4万程度は安いのかもしれませんが、デフレ時代を体感する人間にとっては、やはり割高感はぬぐえません。

また、実際近所にある公立中学校や高校の制服指定店は、お客さんの出入りを一度も見たことがなく、学生服の利益だけで喰っているのだろうなあ、なんてときどき思います。

 

制服(学生服)が世間の感覚からいうと高い理由

制服が高い理由は、大きなものは以下の2点。

 1、大量生産、大量仕入れ、大量販売によるコストダウンができない。

2、制服採用校へのアフターサービスの人件費がかかる。(多くの場合、定期的に制服指定業者が学校を訪ね、放課後や昼休みに新しい注文を受け、サイズ直し等のサービスをしている。

 

まず、1の理由

仮に生徒数300名の学校で、数社の業者がかかわったとすると、作るのは1社あたりせいぜい100着。その上、生徒の体格に応じてサイズがばらけているので、既製品といえどもほとんどオーダーメイドのようなもので大量販売は不可能。

また、大量生産、大量仕入れをしているユニクロ等量販店の工場は、人件費というコストを下げるために、ほとんどが海外にありますが、制服(学生服)を生産する工場は9割が日本国内にあるとのこと。その最たる理由は、制服は一定の品質を維持しなければならず、そのためには技術力の高い国内の工場である必要があるから。

つまり、学生服の品質にバラツキは許されないということ。 例えば、毎年、黒の色が違ったり、同じサイズなのにバストの実寸が違ったりすることはダメですものね。

また、入学式までに学生服が遅れることなく納入されていなければならないということもあるそうです。実際、高校なんかは、合格が決まり学生服を発注し、入学式までは2~3週間くらいしかないというのが通常です。

加えて、生徒全体の5パーセントは通常サイズではなく(すごく太っていたり、小さかったり)別寸で作られ、それも同じ時期に納入を行なわなければならないということもあるみたいです。で、結局、こういった条件をクリアするには、国内生産するしかない、と。とはいえこれはメーカー側の理屈ではありますが・・・

 

次に2の理由ですが、

これは説明するまでもなくアフターサービス、きめ細かいサービスは学校近くの地元業者にしかできないと思います。低価格を売りにする量販店では期待できないサービスですね。

ただし、そこはやはり地元業者、ある程度先生や学校との癒着はありそうです。実際、製品価格にどの程度跳ね返るかは別にして、食事や飲みに誘うということはするようです。基本的には賄賂的なものではなく、先生方にも負担をかけるので、その労をねぎらうのが目的とのこと。

ただ接待が上手な業者は指定されるでしょうし、接待される学校側もコストダウンの努力はしなくなりそうですよね。


スポンサーリンク

 

制服(学生服)購入の出費をおさえる対策

 

学校指定の業者以外から購入するとすれば、どこがあるのだろうと思い検索すると出てきました。詰襟の学生服限定ですが以下の業者なんかすごく安いですし、品質も良さそうです。これくらいの値段で購入できればいいですね。他にもさがせばあるかもしれません。

学生服の専門店ワークサポート

ただし、学校制服がブレザーの場合や女子の制服は学校ごとに違いますので、指定の店でしか買えないというケースはどうしてもあります。本来ならどこの店で買ってもいいはずなのにその店でしか買えず、しかも言い値で買うしかないのです。少子化が進めば、よりコスト高と独占化でもっと高くなると思いますので、なんとかして対策しなきゃいけません。で、対策は2つ。

 

1、3年間1着ですむように大きいサイズの制服を購入する。

要は、3年後に成長しているであろう我が子の体格を想像して買うってことですね。大は小を兼ねるってことですw。

ただし、中学から高校の男子は発育の良い子は、1年で身長が10cmから15cm伸びるとのこと。10cm伸びたら、少なくとも1サイズ違うので(厳密には2サイズ違います)。3年後の体格を想像して学生服を買われた子供がちょっとかわいそうかもしれないですが・・・

キレイなお洋服を着たお母さんと、ぶかぶかな学生服を着たお子さんという構図が完成ですw。あとは3年間大事に使ってもらうだけ。

 

2、卒業する生徒の親からいただく。

タダなのでコスト的にはとても良さそうですが、この方法は、いろいろと問題もあるようです。

そもそも、高い制服を買わずにもらおうとする図々しい人の子に着てもらいたくないとかw、不要なのであげるのはまったくかまわないが、お願いされたお母さんが親しい人ではないとか、ありがとうの言葉だけでお礼の品がなかったとか・・・いろいろ面倒なことがありそう・・・

まっ、この方法を使うのはよっぽど親しいママ友相手で礼をつくすのが一番のようです。2着目の制服なんかは、できればこの方法で手に入れたいです。

学校内でバザー等のリサイクルシステムがあればなお助かりますよね。

それから、オンライン上でジモティー というサイトを見つけました。都道府県を入力して検索するとなになに学園のブレザーがいくらなんて掲載されていますよ。こういうのを利用するのも手ですね。

 

あと、対策の番外編ですが、制服をなくしてしまう、っていうのもありますねw

これは大変エネルギーがいる感じの方法です。まず、制服を廃止し自由化するか、やはり制服で行くかから、生徒会と教師、PTAなどで検討します。

ただし、生徒も保護者も制服賛成派の方が多いようですので制服廃止のハードルは高そうです。アンケートをとると、生徒は「毎日服を考えなくてよいから」、保護者は「制服の方が経済的」という理由が圧倒的だそう。

制服をなくすのは極論ですが、生徒会と教師、PTAなどでであらためて制服のデザインを考えてみたり、競争入札で業者を決めるなど、少しでも制服を安くするためにできることはあるんじゃないでしょうか。

 

最後に

というわけで、激安ブランドやアパレルが隆盛のご時世に、なぜ制服(学生服)はこんなに高いのか?

『制服(学生服)が世間の感覚からいうと高い理由』はわかっていただけたと思います。

制服(学生服)の高い理由を知っていただければいただくほど、怒りらしきものはおさまってきたでしょう。

ただし、『制服(学生服)購入の出費をおさえる対策』をほどこしなるべく節約していきたいものですね。お互いがんばりましょう!!


スポンサーリンク

 

 

他の記事もよかったらどうぞ


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ