街角の好感度調査における女性タレントの人気ランキングベスト50とキーワードプランナー検索ボリュームの人気ランキングが全然ちがう!!

女性タレントの人気ランキングベスト50

ビデオリサーチ社が、2014年8月に東京駅を中心とした半径30km圏で満10歳~69歳の男女565人にたずねた女性タレントイメージ調査結果(ベスト50)を見つけました。

ふと、街角の一般的な人気が高いタレントはネット検索数も比例して高いのか、がすごく気になりました。

そこで、街角ベスト50の51人の女性タレントを、グーグルのキーワードプランナーで、ひとりひとり、チェックして見たら、いろいろなことが判明!!


スポンサーリンク
 

まずは、ビデオリサーチ社の好感度調査ランキング

順位   タレント名    人気度(%)

1    浅田真央      55.6

2    綾瀬はるか      48.8

3    天海祐希       48.0

4    上戸彩        45.1

5    ドリカム       42.5

6    吉永小百合      42.1

7    北川景子       41.1

8    ロ-ラ        40.5

9     杏         40.4

10   菅野美穂       39.8

10   新垣結衣       39.8

12   ベッキ-       39.6

13   松たか子       39.5

13   小泉今日子      39.5

13   いきものがかり    39.5

16   深田恭子       39.1

17   篠原涼子       38.6

18    優香        37.9

19   仲間由紀恵      37.2

20   石原さとみ      36.5

20   深津絵里       36.5

22  安室奈美恵       35.9

23  イモトアヤコ      35.8

24   柴咲コウ       35.4

25   米倉涼子       35.2

25  柳原可奈子       35.2

27  樹木希林        34.7

28  吉瀬美智子       33.1

29  竹内結子       32.9

30  堀北真希        31.3

31  ハリセンボン      31.0

31  江角マキコ       31.0

33  松嶋菜々子       30.8

34  壇蜜          30.6

34  井上真央        30.6

36  山口智子        30.3

37  真矢みき        29.9

38  吉高由里子       29.6

39  松任谷由実       29.0

39  関根麻里        29.0

41  永作博美        27.8

42  中島みゆき       27.6

42  常盤貴子        27.6

42  戸田恵子        27.6

45  宇多田ヒカル      27.3

45  きゃり-ぱみゅぱみゅ  27.3

45  長澤まさみ       27.3

48  薬師丸ひろ子      26.9

48  Perfume        26.9

50  黒柳徹子        26.5

50  YOU          26.5

50  井川遥        26.5

 

キーワードプランナー検索ボリュームの検索数ランキング(2014年2月~2015年1月の月平均検索数)

 

順位 タレント名  検索回数

1   浅田真央   823000

2  石原さとみ   673,000

2  北川景子    673,000

4  ロ-ラ     550,000

5  綾瀬はるか   450,000

5  安室奈美恵   450,000

5   壇蜜     450,000

5 きゃり-ぱみゅぱみゅ 450,000

9  新垣結衣    368,000

9  井上真央    368,000

9   YOU      368,000

12 長澤まさみ    301,000

12  堀北真希    301,000

12 吉高由里子    301,000

15  上戸彩     246,000

15  深田恭子    246,000

15   杏      246,000

15  松たか子    246,000

15  米倉涼子    246,000

20  柴咲コウ    201,000

20 吉瀬美智子    201,000

20 いきものがかり  201,000

20  Perfume    201,000

20 江角マキコ    201,000

25 中島みゆき    165,000

25  ベッキ-    165,000

25 小泉今日子    165,000

25 仲間由紀恵    165,000

25  井川遥     165,000

25 宇多田ヒカル   165,000

31 菅野美穂     135,000

32 永作博美     110,000

32 篠原涼子     110,000

32 竹内結子     110,000

32 イモトアヤコ   110,000

36 吉永小百合    90,500

36 天海祐希     90,500

36 ドリカム     905,00

36  優香      90,500

40 黒柳徹子     74,000

40 松嶋菜々子    74,000

40 関根麻里     74,000

43 山口智子     60,500

43 常盤貴子     60,500

43 深津絵里     60,500

43 柳原可奈子    60,500

47 松任谷由実    49,500

47 薬師丸ひろ子   49,500

48 真矢みき     40,500

49 戸田恵子     33,100

50 樹木希林     22,200

51 ハリセンボン   14,800

 


スポンサーリンク
 

個別研究

まずは、女性タレントイメージ調査結果において堂々の第1位、しかも名だたる人気女性タレントを差し置いての第1位がフィギュアスケーターの浅田真央。

彼女は超一流アスリートであるだけでなく、オリンピックや世界選手権などで数々のドラマを見せてくれた、まさに日本国民の娘(もしくは妹)のような稀有な存在です。

調査に答えた年齢層が、満10歳~69歳と幅があることから、若者だけでなく子供からお年寄りまでに幅広い国民的人気がある浅田真央が好感度調査で1位というのは、とても納得できる結果ですね。

ここ1年間における、検索数ランキングでも圧倒的1位です。

ただし、コンスタントに80万回前後検索されているかというと、そうではなくてソチオリンピックが開催された2014年2月だけで500万回の検索を受けています。

初日、金メダルの可能性をなくした絶望的な大失敗。取り返しのつかない状況から見せた、フリーの完璧で感動的な演技。

メダルこそ逃しましたが、あの舞台で世界中の人の記憶に残ったのは、やっぱり国民的スターの証です。

国民的スターであることはまちがいないのですが、ソチ以降はメディアへの露出が極端に減っているので検索ボリューム自体は圧倒的に落ちています。

次に、綾瀬はるか、北川景子、ローラ、新垣結衣あたりは街角のイメージ調査でも検索数ランキングでも上位になっています。

このデータは、綾瀬はるか、北川景子、ローラ、新垣結衣が老若男女にまんべんなく人気がある、あるいはメディアへの露出が多いことで親しみを持たれているということを示していると思います。

また、綾瀬はるか、北川景子、ローラ、新垣結衣は、検索ボリュームでも上位ということは、スマホネイティブの若い男女にも関心の的であり、加えて、PC、スマホを扱うすべての世代の男性に多大なる関心を持たれていると思います。

あとからくわしく述べますが、老若男女に幅広い人気があっても、容姿や若さいわゆる性の対象的な魅力が下がると、検索数が下がる傾向にありますので。

次におもしろいのは、安室奈美恵、きゃりーぱみゅぱみゅ、壇蜜、あたりでしょうか。

街角のイメージ調査では、安室奈美恵22位、きゃりーぱみゅぱみゅ45位、壇蜜34位なのに、キーワードプランナーの検索数ランキングにおいては一気に上位に入ってきます。

このことは、安室奈美恵、きゃりーぱみゅぱみゅ、壇蜜の3人が老若男女に幅広く支持されているとはかならずしも言えないという事実を表していると思います。

アムロちゃんは検索数では5位ですよ。ほんとうにすごいです。おそらく10代から30代くらいのスマホユーザーとくに女性に圧倒的に関心を持たれていると思います。

安室ちゃんは10代、20代、30代と3世代でミリオンを達成したカリスマですものね。ダンスやファッションと音楽性だけではない、彼女の生き方やあり方がとくに若い女性たちの憧れになっているのはまちがいないでしょう。

逆に年配の方々からはそれほど関心を持たれていないのでしょうね。

きゃりーぱみゅぱみゅは、安室以上にせまい世代の支持で検索数上位に上がってきていると思います。

街角の好感度調査では45位が、検索数ランキングでは、一気に同率ではありますが、5位ですよ。

これは、いかにきゃりーぱみゅぱみゅの支持層がせまくて偏っているかを示していると思います。

壇蜜も検索数ランキングは5位なのですが、安室ちゃんとは逆に、圧倒的な男性人気なのはまちがいないでしょう。

特に、エロさセクシーさを売りにしている壇蜜に対しては、画像や動画検索数も半端じゃないと思いますよ。

天海祐希、吉永小百合は、街角イメージ調査では、それぞれ3位と6位なのですが、検索数ランキングでは36位まで下がります。

これは、先ほどとは逆で、若い世代からはあまり関心を持たれていないということを表していると思います。

ただ、街角イメージ調査で上位に入るということは、年配の方や、幅広い世代から好感度は高いのでしょうね。

という感じで、女性タレントイメージ調査ランキングとグーグルプランナーの検索数ランキングの両方を見ていくと、いろいろと面白いことがわかってきます。

ちなみに、YOUさんですが、街角調査50位から、検索ランキング9位と急上昇しています。

ただ、この方の場合は解読不能というか、ファッションや言動などそれなりに人気は高いと思いますが、検索数9位というのは、あまりにも納得いかなくて調べていました。

すると、たぶんですよ、推測なんですけど、「YOU」というワードはタレントのYOUさんだけではなく、英語であなたとか、「YOU TUBE」というワードの一部でもありますから、おそらくごちゃまぜになったのではないか、と感じます。

「YOU」というワードで検索してみてください。僕の言ってる意味がよくわかりますよ。

あとは、おおむね街角での調査ではランキングの下位だが、検索ランキングが上位というタレントは、ほとんど若くて、容姿がよくて、男ウケする方だと思いますよ。

例えば、石原さとみを筆頭に、井上真央、長澤まさみ 、堀北真希あたりがこれに当たると思います。

一般的には、演技力もあって好感度もあるし人気も高いんだけれど、検索数ランキングでふるわないのは、やはり40歳をすぎたタレントさんや女芸人たちになっていますね。

結婚していたり、若い世代の男性からすると年上すぎたりして彼らの恋愛や性の擬似対象じゃなくなるんでしょうかね。

アラフォーの僕からしたら、どストライクゾーンの素敵な方々ばかりなんですけどねw

あっ、黒柳徹子だけは例外で検索数ランキングのほうが上でしたw

毎日、TVに出ているし、芸人殺しの異名があったりと80歳のおばあさんにしては、若者たちから興味を持たれている気がします。

というわけで、きりがないくらいこの街角で調査した女性タレントの人気ランキングベスト50とキーワードプランナー検索ボリュームの人気ランキング50を見比べているといつまでも妄想がふくらんで遊べますよ。

もちろん、僕の推測はおおざっぱな解釈なので、もっと細かく分析していけばちがう原因なんかも見えてくるかも。

スキャンダルや事件、事故とかTVの発言でツイッターやブログの炎上とか、いろいろな要因が複雑にからんでいると思うので、興味のある方は、研究してみてください。

男性タレントのランキング比較記事もよかったらどうぞ
リンク⇒ 街角の好感度調査における男性タレントの人気ランキングベスト50とキーワードプランナー検索ボリュームの人気ランキングが全然ちがう!!

ではでは。

 


スポンサーリンク
 

他の記事もよかったらどうぞ


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ