お遍路さんが、四国八十八ヶ所めぐりの際、首に掛けている輪袈裟や半袈裟(略式の袈裟)の由来や意味

そもそも袈裟とは、サンスクリット語kasaya(「色の濁った」「よごれた」の意)の音写で、仏教の僧侶のまとう衣のひとつである。

インドでは僧侶の服そのものを指し、中国や日本では、僧侶が左肩から右の腋にかけて衣の上をおおう長方形の布を指す。
 


スポンサーリンク
 

釈尊が悟りを開いた当時、袈裟というものはなく、仏弟子は各々現在のサリーに似た布をまとっていた。

そのため、仏弟子と一般人が見間違えられることもしばしばあったようだ。

そこで、一般人とは異なった仏弟子専用の衣服が必要となり、袈裟というものが生まれたといわれている。

当時のインドでは、一般人は主に白い衣服を身に着けていたので、白色以外であれば何色でもよかったはずだが、ねたみやおごりを生じさせる派手な色はさけるということで、種々の色が溶け合った袈裟色というのができたそうだ。(ミャンマーやタイの僧侶が身に着けている袈裟の色を思い出せば分かりやすいかもしれない)

ただ、仏弟子の中には贅沢な衣を持つ者も現れ修行の妨げになったことから、執着心や欲心をおこさないための戒めとして、ボロキレで繋ぎ合わせて作られるようになった。(糞のように捨てられた布で作られたことから糞掃衣(ふんぞうえ)と漢訳された)

布を繋ぎ合わせて作られる袈裟のデザインは、棚田を模して田と畦道の風景をあらわしているとされる。

これは、釈尊が田植え後の青々とした水田を見て、種を蒔けば秋には稲の収穫があるように、仏法を信じると必ず福報がある、という教えを棚田に例えたからだといわれる。(このことから袈裟は福田衣ともいわれ、これを身に着けると功徳があるという意味で功徳衣ともいわれている)

ちなみに、前述のように「袈裟」という言葉はもともと色をあらわしており、本来は「如法衣(にょほうえ)」というのが正しいようだ。インドでは「僧伽梨(さんがり)」「鬱多羅僧(うったらそう)」「安陀婆娑(あんだばさ)」の三枚が仏弟子の必需品とされ、「三衣(さんえ・さんね)」といわれた。

僧伽梨は儀式・訪問着、鬱多羅僧は普段着、安陀婆娑は作業着にあたる。

その後、仏教がより寒冷な地方に伝播する過程で、下衣が着られるようになり、中国に伝わる頃には本来の意味を失って僧侶であることをあらわす装飾的な衣装となった。

さらに日本に伝わってからは様々な色や金襴の布地が用いられるようになり、その組み合わせによって僧侶の位階や特権をあらわすものになった。

国や地方の風土によって、袈裟の着こなしや使用法が変化していくことは当然だと思うが、日本においては袈裟が元来持っていた意味はほとんど失われてしまったようだ。
 


スポンサーリンク
 

ところで、インドには雨季と乾期があるが、仏弟子たちは雨季になると大切な袈裟を泥水で汚さないために細かくたたんで輪のように結び、首から掛けて歩いていたという。

この便宜上の風習が中国や日本に伝わり、様々な略式の袈裟が考案された。輪袈裟や半袈裟もその中のひとつである。

輪袈裟や半袈裟は、このように便宜上の理由から考案された略式の袈裟ではあるが、たとえ略式でも身に着ける意味合いは正式な袈裟となんら変わりはないそうだ。

日本においては、本来の袈裟の意義というものは完全に失われているのだから、正式もへったくれもないとは思うが・・・

ところで、四国遍路においては、ほとんどの遍路が略式の袈裟を使用している。

僕が思うに、輪袈裟や半袈裟に実用的なメリットは全くない。

はっきり言って、歩くときに邪魔だし、洗濯もしてはいけないようなので(一番霊山寺の方に教えられた)、不便でもある。(ちなみに、汗かきの僕は最後までビニールを半袈裟につけたまま使用した)

結局、実用的か否かという観点だけでとらえると、輪袈裟・半袈裟は実用的ではない。

ただし、一般に流布している遍路イメージにこだわるのであれば、ファッションアイテムのひとつとしては意味があるのかもしれない。

また、四国遍路を仏道修行と捉え、仏弟子の証しとして輪袈裟・半袈裟を身につけたいならば、そういう方は身につけるべきだ。

そういうひとにこそ、輪袈裟・半袈裟の意味はあるのであろう。
 


スポンサーリンク
 


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ